無事なる日々

音楽とライブと仕事の日々
エレカシ、もしくは吉井さんについての雑談0602

★拍手ありがとうございます!

------------------------------------

●エレカシについて

昨日あんなこと言ったら野音一般はやはりご用意されませんでしたねぇ

日比谷、大阪共に立ち見でも競争率は高いからねぇ〜なんとなく覚悟はしてた。

 

よって今年はすっぱり諦めますです。

もし取れた場合に備えてホテルも押さえてたけどキャンセルしましたんで

お探しの方は改めて確認されてください。

 

中で観れる人は是非満喫してきてください。

取れなかった人の分までとか言うつもりもない。

あなたのいつもの楽しみ方でいいと思う。

 

雨降るか晴れるかはわからないけど、しっかり対策して行った方がいいかな。

傘はダメだよカッパだよ

(天気が良くないと周辺のコンビニからどんどん消えて行くので、現地調達はやめた方が良いかと)

すり鉢状だから雨水は下に下に流れて行くので荷物を守るビニール必須です。

晴れてもまだ暑さに慣れてるとは言えない時期だし湿気も多いので、

帽子とか水分とか仰げるもの(扇子とかね)が要ると思います。

 

今はエレカシ野音って人気がありすぎて

PAO先行も一般も一人一枚ずつ自分の分しか取れないので

会場内入ると指定席は自分もお隣も前後もみんな平等にお一人様なんですよね。

始まる直前、静かだからなぁ〜w

 

たまに雑誌のレポなんかで「緊張感漂う客」云々書かれてる時あるけど

単純に一人ずつだから、よっぽど偶然近くに友達がいたとか

近くの知らない人とのコミュニケーションに成功した同士の会話しか聞こえないだけだわ多分。

 

それ味わえないのは残念ですが、

想像するだけで面白いんでね。

 

アルバム出て間もないから、一体どんな曲をやるのか気になりますね〜

 

そう、アルバム出たばかりだから、

個人的には、ああこれで音源聴き込んでからライブ行けるなぁ

(ツアーも最終日の札幌に行くもんで。。)

と、正直ちょっとホッとした面もあって、この6月後半から7月のライブまでに

デラックス盤の中身とか初回盤の中身とか

色々と盛りだくさんなので、たっぷり堪能して行きたいなと思いますです。

 

●吉井さんについて

 

で、吉井さんのベスト盤とかライブブルーレイBOXも

エレカシと同日リリースなんですよねぇ。

6/6は配送業者さん申し訳ない。。

(近所にCDショップ自体がほとんどないのもあって

全てオンラインで買っちゃったよね)

 

吉井さんは2年半ぶりぐらいにソロツアーもありまして

6/12が福岡(普通のツアーの一本)、6/16に大阪(FC会員限定ライブ)に行きます。

エレカシ大阪野音の外は迷ったんだけど、やめときますわ。

 

吉井→エレカシ(音だけ)の2daysはちょっと…いや、だいぶキツイ。

似てるけど同じだけ重要な、違う部分の感覚を使って聴いてる(見てる)ところがあって

情緒が著しく乱れること請け合いなので。

 

エレカシは去年の30thツアーのおかげで、

どこも全力で見に行ったつもりだったから、

なんか、少しだけ、ここは仕方ないか、と諦められるようになったというか

 

でも他人に諦めろ、とか、

やめた方がいい、とか言われる筋合いはないからw

あくまで自問自答の末、って感じなんだけど。

 

あ、結局エレカシの話になってる。

 

吉井さんのソロ話って最近おおっぴらにしてないし

フォロワーさんにも吉井さん関係の人が片手で足りるくらいの人数しかいないし

そもそもその人たちももはや私に吉井さん話を求めているのか不明だし

(ミュートされてるかもだし)

まぁいっか。

 

久々にライブでWEEKENDERとか聴きたいなぁ

福岡はサンパレスなんですけど

吉井さんライブ史上自己最高レベルの良席なので

ちょっと首痛めそうだけど楽しみです。

 

大阪はzeppで2階席を念じてたけども

残念ながら1階スタンディングでした、はぁ。

(ちょっとでも段差があればそこの上ぐらいでいい…もう前には行かない)

 

新曲も楽しみだし、

昔の曲がバンドも復活させた今どんな感じに響くのか

とても興味深くて、ワクワクします。

(モンキー曲は流石にもうやらないかなぁ、とか。

いや、別にいいけど、やるならやるで)

 

吉井さんもソロツアー終わった後の予定とかがいまいち不明なので

(フェスには出ないっぽいし)

モンキーのレコーディングに絞るのかなぁ

こっちもこっちでアルバム作る予定らしいし

今年後半どうなっちゃうんだろうか。。

 

せっちゃんも含めて、私のビッグ3の予定のかぶり合いに戦慄してる。。

 

 

| 音楽 | 23:49 | - | - | pookmark |
「嫉妬」について

coversについてはまとめ中なのですが

TLを見ててふと心奪われたツイートがあったので

考えてました。

 

あんまり長々&何度もリプライを送るとツイート主さんにも負担がかかるかな

と思い、自分の考えなどはこちらにまとめました。

すぐ脱線しがちだし。。

とりとめがないので、お暇な方のみお付き合いください。

 

結論から言うと、

自分は「嫉妬」というものが100%悪で、徹底的になくすべきもの、とは思ってない。

性差による嫉妬の強弱に関してはちょっとよくわからない。

男性になったことがないし。

話に聞くぐらいのもんです。

 

一例として、美輪明宏さんが以前吉井さんとの対談で

 

「男は自分よりルックスのいい男とか大嫌いだし、

ちょっと力を持ってる男だったら、徹底的にいじめて排除しようとする」

 

ってことをお話ししてたのが印象に残ってるんですよね。

(んで、最近は嫉妬の対象が同性だけじゃなくなってるような気もするんですよねぇ〜これは余談)

 

私自身も嫉妬は強い方だと思ってるんで、

なくせたらそりゃいいかもしれないけど、

湧き上がってくるたびにどうにかしよう!振り払おう!とするのってキツイ。

 

逆に、うまくコントロールして

「テメェいまに見てろ!」ぐらいのエネルギーに換える方が効率いいとすら思う。

 

ただ、嫉妬する対象を引きずり降ろす方とかにエネルギーを向けてしまうと

おかしな足の引っ張り合いになるし、

それが嫉妬が悪のように言われてしまう原因なのかも、と考えることもある。

 

嫉妬に費やすエネルギーってそりゃ凄まじいものがあって

その処理の習得に

個人ごとの技術の差であるとか

年齢や人生経験の差というのもあって、

平たく言えばキツイから「嫉妬」というもの自体を避けてしまう。

 

嫉妬を感じそうな対象(人でもモノでも)を見ることすらしない。

生産自体を避ける。

それはそれで賢明なのかもしれないけど、

あまりに避け続けていると、簡単に逃れられない場面に出くわした時が一大事になっちゃう。

 

進学とか就職とかビッグイベントだけじゃなく

日常生活の細々した点でも簡単に優劣って出てくる。

(お金があるとかないとかでも)

 

その時自分自身と向き合うべきなのに、相手の存在を排除しようとする方向に働いたり

相手を貶めることで自分の優位を保とうとする。

 

「若さ」というものに対する嫉妬であっても

別のベクトルで誇れるものを見つけて、

自分にはこれがある!

って思えたら、嫉妬の炎を燃やすエネルギーをそちらに向けて

衰えた「若さ」を補填してあまりある強さになると思うんですけど

事情は複雑なことの方が多いから難しいんだよなぁ〜

 

でも今50代くらいで活躍を続けてるロックの人たちって

その「嫉妬」との付き合い方がうまい人、年とともにうまくなった人が多いと思う。

 

せっちゃん(和義氏)が少し前に

 

「40を過ぎて名実ともにおっさんになったあたりで

肩の力が抜けて

それまで競争相手と思ってライバル視してた同年代と気軽に話せるようになった」

 

ということを単行本でも言ってた。

(※大幅に端折ってるので詳しいことは読んでください)

実際、40代以降のせっちゃんの活躍って目覚ましいものがある。

 

吉井さんも

「(30代あたりは)他のバンドはライバルだし敵だった」

って言ってたし

「同年代や若造のバンドには負けてられない!」的なことは今でも言うけど

どっちか言うと「蹴落としてやろう」とかではなく

本当に「他も頑張ってるから俺だって負けてられない」くらいの

自分自身への言葉じゃないかな。

 

エレカシもそうだと思います。

 

「売れてる」存在への嫉妬の強さは

世間並みをはるかに超えてるんじゃないかなぁ。

 

未だ同年代とのイベントではOPやEDの

出演者勢揃いの場面にはいないし。

自分(たち)が一番愛されたいし

そういうお膳立てされた場で好きに暴れたいって気持ちはまだ強いような。

 

でも、

(当たり前だけど)競争相手を貶めたりネチネチ蹴落とすようなことをしない、

あくまで自分たちの曲、歌、演奏、ライブの問題と向き合ってる姿が

ストイックに映って美しいから支持や理解を得るのかなーって。

 

作る曲も半端ないし、coversみたいな番組に出て

いっぱいカヴァー曲披露しても最後はオリジナル曲で惹きつけられるから

カヴァーが得意なバンドというより、

れっきとしたロックのバンドと見られてると思う。

 

ファンだからだよ、というのはあるけど

RainbowやEasy Goのパフォーマンスは初見にはかなり衝撃を与えてるようだし

武器は本当に多い。

 

嫉妬される存在かもしれないけど

出発点はやっぱり

誰よりも売れたいとか認められたいとか

愛されたいとか、ある種、他のものへの「いいなぁ」っていう嫉妬から

昇華させてきた欲求じゃないかと思う。

 

そして、そこに向き合えない人は「嫉妬の強さ」においても

エレカシに勝てないんじゃないかなぁ

(私は正直言って負けてると思う。こないだEasy Go聴いてさらに思った)

 

昨日、メトロック東京で「男は行く」やったそうですよね。

 

「俺もお前に負けないが お前も俺に負けるなよ」

 

って一節がありますよね。

あれを若いバンドやお客はどう聴いたんだろうか

「豚に真珠だ貴様らに聴かせる歌などなくなった」って言ってる同じ曲にね。

 

どうだお前ら24歳くらいで作った曲を

52とか51とかになってもできるか?

そんな曲作ってるか?

 

ってぐらいの置土産だと思う。

 

ああ、やっぱり話逸れましたね。

 

心配せんでもロックミュージシャンは我ら一般人よりはるかに嫉妬心が強いし

その嫉妬との向き合い方、昇華の仕方を

とてもわかりやすく教えてくれる存在なのでは?

と今日思いました。

 

| 音楽 | 21:42 | - | - | pookmark |
つれづれ0522

●エレカシ「Covers」のPR動画。

 

なんかさすがに1時間番組っていうか、すごいなぁ。

最近はこういうのあるんですねぇ。

(マナカちゃんと9mm卓郎くんの分も見た)

 

トミはえらい色が黒く感じるけども、他の3人が白すぎるだけかな?

相変わらず絶妙なところで宮本さんの話に相槌を打ってて

えらいなぁ。と。。

石くんは頑なに宮本さんの方見ないなぁと思ったけど

なんかの罰ゲームなんですかね。

今にも宮本さんの手が石くんのほっぺ掴みに行くんじゃないかと

半分ハラハラし、半分期待していた自分がいた。

 

卓郎くんというのは宮本さんの言う通りで

見た目からは想像つかない(?)レベルの和みキャラです。

こないだのメトロック大阪でも

「晴れてよかったね〜強力な晴れ男がいるんだね」

「ひとり強烈な晴れ男を知っているよ。…俺じゃないよ笑」

「晴れ男も雨男も両方いて、晴れ男の方がちょっと勝ってるんだねぇ」

等々の和みMCを放ってましたよ。

ちょっと、せっちゃん的なところがあるのかなぁ〜

ワイバンとかロキノンとか、フェスのバックヤード(楽屋)での写真に

全部写ってるんじゃないかってくらい程々に社交的だし。

 

今週金曜日、楽しみです。

夕方歯医者だけども。

 

あ、明日はZIPでEasy goのMVがチラ見出来たりするのかな?

予約予約。

 

 

●せっちゃんといえば

 

25周年ベストが出るんですね。

早速ビクター公式から10000セット限定生産の首振り人形つくやつ予約してきました〜

(20周年の時だっけな?前のは…あれは出遅れちゃってダメだったんですよねぇ)

 

せっちゃんセレクトの裏ベストに「素敵な匂いの世界」が入ってて嬉しい。。

大好きなんですあの曲。

一度はライブで聴きたいやつ。

あれに入るって、25周年ツアーのセトリはどうなのかってことなんですよ!(机を叩く)

期待してていいのかなぁ、しない方がいいのかなぁ。

うーん、何にせよ楽しみです。

 

25周年ツアーは福岡2日間に行きます。

これがあるから、モンバスやラブシャはちょっと厳しいんだよねぇ。

 

こないだ大阪に行ってる間に発表されたジャイガってやつは気になるなぁ。

舞洲かぁ。大阪南港のすぐそばだし、時間が合えばまたフェリーで行けるかも。。

 

先日のメトロックは大分からフェリーで往復したんですが

これがもう楽しすぎて。

瀬戸内海はそんなに荒れないし、揺れなかったらフェリーは楽しいんですよ〜。

(揺れたら悲惨だけどーw)

 

※メトロック大阪については別記事でまとめ中です。

あんまり期待せずお待ちください。

 

| 音楽 | 22:20 | - | - | pookmark |
つれづれ中田ロマン大分0208
中田裕二
謡うロマン街道in大分BRICK BLOCK
2015.02.08
行ってきました。



(建物の裏側。この扉のすぐ裏ぐらいに演奏ブースがあったとか)

西大分港の倉庫群の一角にあるため
結構潮風吹きつける寒い場所なんですよねー。

車で行くにはいい場所なんだと気づきました。
終わってからMIDNIGHT FLYERでもかけながら
40m道路をすっ飛ばすと楽しいこと楽しいこと。
あー、またBRICK BLOCK来て欲しいなー中田くん
(普通にライブハウス公演ならBits hallもすぐ近くだからなー)

なんせ前回大分に来たのはバンド時代だったわけで
そうなるとどう短く見積もっても2009年頃になるわけで
6年…??もうそんなに経ちますかね…!
MCでもそういう話になったけど6年とかね…
小学生が卒業しますよお兄さん。
次はそんなにほっとかないでくださいね…40になるよお兄さん…

すいません、以下ネタバレっていうか…
でもセットリスト決まってないっていうの前提だしなー

知りたくないって方は回避してくださいね。


続きを読む >>
| 音楽 | 22:13 | - | - | pookmark |
つれづれ中田裕二福岡
中田裕二ツアー
BITTER SWEET
2015.02.06@福岡DRUM LOGOS

行ってきましたー。
ツアー5本目なのでネタバレは回避の方向でー。

この日、サポートドラムの白根さんは
5本目にしてラストという…
(誰だこんなスケジュール組んだの)
白根さんが後半に向けてどんどん壊れて行くのが感じられてw
ドラムソロ振られてドラム叩かずに歌っちゃうし
(しかもo田和正の「さよなら」)
白根さんはパンフでの中田くんについての質問への答えも
だいたいけしからん感じでおかしかったよね…
まあ、奥野さんも似たような感じだったから
いろいろ対応その他、大人なんでしょうねー

おじさんたち虜にしちゃってる感あるよね中田くん
虜といえばカトウタロウさんですが
今回まだ5本目で緊張してたのか
あんまり喋らず譜面を前に真面目に演奏してました。
メンバー紹介しても「僕です(&静かな笑み)」の一言。

そう、MC少なめでどんどんやる感じだったかな
珍しく?途中でお客と掛け合いしたりとか
フレディよろしく音程上げたり下げたり(レーロ!じゃないけどw)
「さすが福岡は歌うまいねー!」とかおだてられたり。

たまに最前列の女の子に寄って行ってはハウリング起こして残念な感じになったり
(これは別の曲のときだけど)
ダジャレが滑ったり(ソロうどん!w)
2階の関係者席に潜んでいたこけちゃんを出動させたり
微笑ましい事件をいろいろとwww

中田くんは上下キラキラスーツ(ラメかな?)
アンコールでジャケットのみ脱いで黒半袖
ロゴスもキーボード入るとステージが狭く感じるので
ハンドマイクのときわりとところ狭しと動き回って汗だくになってましたー。

今回はエレキ・エレアコ・エレガットもかな?
ギター持ってる頻度が高めだった気がする。
アコースティックコーナーもあった
(メンバー着席。「おれたちばっか座ってごめんね」的なことは言ってたw)
いろいろできて器用なんだよねー。
そういうとこ、例えるならせっちゃんっぽいというか
タイプは全然違うけどなー。
ライブの情報量という点で
吉井さんとせっちゃんを足して2で割った感じなんですよね。

客の年齢層は段々上がってきた気がするんだよなー
男性も増えた感じだし(前に比べて、という意味で)
基本おひとり様も多いのでノリは穏やかになってて
落ち着いて見られるという点では抜群だなー。

これからも多分独自の進化を遂げて行くと思う。
ソロの男性アーティストは見るほうも
いろいろテーマなり視点なりあると思うし
バンドとは違う楽しみなんだな。

で、本日日曜は大分で違うシリーズの弾き語りライブなので
こちらも楽しみ。今度は本当に一人だし。
車で行くからノンアルコールなの残念だけど;
しかも日曜仕様で17時開演だから福岡が始まった時間には終わると思われるw
中田くんもう大分入ったかなー
何かのコメントで温泉行きたいとか言ってたから、
別府のほうに行ったかな今日は。

ブリックブロックは
外観もかなり気合い入ったまさに「ハコ」と呼びたい場所だけど
地元でもなかなか行く機会なくて、久々なので楽しみ。
| 音楽 | 22:38 | - | - | pookmark |