無事なる日々

音楽とライブと仕事の日々
BONE TO RUN!〜サンマリせっちゃん編
●BONE TO RUN!@別府〜サンマリせっちゃん編

昨日はサンマリのエレカシに特化した記事でしたので
今日はせっちゃん中心に。

BONE TO RUNはもともとせっちゃんとクロマニの対バンイベントで
今まで中国地方を中心に、
わりと辺鄙な場所(byせつこMC)でやってたのだ、と。
今回もまあ、辺鄙な場所で…別府とかね…
大分市内は七夕まつり中で
どこ行っても人多い状態でした。

会場となったビーコンプラザですが
別府駅から山に向かって10〜20分くらい歩くと着く体育館規模の会場です。
(バスケとかフィギュアスケートのアイスショーの会場になることもあります)
別府駅からシャトルバスも出ていましたが
長蛇の列にすっかり心が折れて
どうせ会場周辺も駐車こそできないけど
送迎の車で溢れ返るし混雑するし、
むしろ歩いたほうが早いだろうと
えっちらおっちら坂を上って着きましたビーコンプラザ
暑いうえに緑の多い公園を突っ切ったら
会場入りする頃には左腕三カ所も蚊に食われてて
虫もどんだけ元気なのか、別府は。
温泉があるから湿度も温度も高いのかねー

スタンド指定席でステージ正面だったので
見やすかったです。
(ただしスクリーンなどなかったため
オペラグラス大活躍)

順番は予想と少し違い
スピッツ→クロマニ→せっちゃんでした。
そっか、序列というよりこのイベントでは
せっちゃんがホストなのかねー

スピッツは知ってる曲が
メモリーズ、涙がキラリ、8823、チェリーぐらいで
あと曲とタイトルが一致しない…
涙がキラリはいいですねー聴くと毎回感動してしまう。
8823でベースの田村さんがストラップ外れんばかりに暴れ回っていたんですが
あれはいつも通りということでよろしいですよね?
ベース抱えてんのにジャンプ力あるなあ、と…

MCで
「最近イベントに呼ばれても
おれたちが一番年長のことが増えてきたけど今日は若干若手ですw」
とマサムネさん。
(せっちゃんよりひとつ下なんだっけ)
そっか…そういう年代か皆

あと覚えてる話が
「年を取るとクシャミがうるさくなるんですよね」
「腹筋が弱くなるのか…」
「最近いかにクシャミを小さく抑えるか考えてます」
みたいな…
もう何話しても和むわーマサムネさん。

スピッツまた久々に聴こう。
過去、アルバムはハヤブサを一番聴いた気がする。

お互いがお互いのステージに登場
みたいなサプライズはございませんでしたが

クロマニが当たり前のように雷雨決行をやったり
せっちゃんがクロマニの名前を歌詞に登場させてる
マニッシュの「Go!Go!Cherry boy」をハンドマイクで歌うというアクトは痺れました。
(せっちゃんのギターパートはキーボードの勲さんが代行)

やはりせっちゃんは普段ギター&ボーカルなので
ハンドマイクだと声のデカさっていうか
マイクとの距離をいまいち掴めてないようで
多少音割れ気味でした。

あと曲間でヒロトさんの真似して飛び跳ねるけど
まあ元々の身長に対してとび上がれてない感じの微妙なジャンプで
本人も
「もっとジャンプ力つけてきまっす(苦笑)」
みたいなMC
あと
「これ絶対明日筋肉痛だわ」
「これをフルでやるって…すごいよね」
と50代のヒロトさんに羨望の眼差し

クロマニもライブの熱量半端なくて
アリーナスタンディングから涌き上がってくる熱気で
スタンド席上空まで空気が熱い熱い。
よく覚えてるヒロトさん語録

「ロックンロールには予習も復習も必要ない。
今この場所で素晴らしいロックンロールができたらいい。
また来いとか言わないから」

「(Tシャツを脱ぎ捨てて)ここから後半戦だから
アキレス腱とかチ●コの皮とか伸ばせるとこ全部伸ばして…
…あ、つまんなかったね、ごめんねー(笑)」

相変わらず天真爛漫で
見ててカッコいい&朗らかで一粒で二度おいしい、みたいな人だなあ。


そういえばせっちゃん、
翌日のサンマリではエレカシの次だったので
「さっき、袖からエレカシ見てたんだけど
ボーカルの宮本くんと同い年なんです…
…おれが元気がないように見えちゃうなぁ…って(会場何といいましょうか微笑)」

「こんな感じですけど、
やる気はあるから、よろしくお願いしまぁす(会場脱力笑)」

せっちゃんがエレカシに言及すんの初めて見たので
珍しいなーと思いました。

今回のせっちゃんサポメンは
ドラムが小田原さん・ベース隅ちゃん・キーボード勲さん・ギターフジケンで
フジケンは3年ぐらい前のエレカシツアーでサポメンに入っていたので
(※ミッキーの位置)
とりあえずメンバーとの面識はあるわけで
久々に挨拶とかしたのかなー

来週のワイバンでも似た流れだけど
せっちゃんのほうのステージ、直前がバースデイなんですよねー
フジケンいじるにはバースデイネタだからなあ
今度はあんまり言及しないだろなあ

吉井さんやせっちゃん、トータス等
1966年生まれミュージシャンの、
仲良し同士のやりとりも楽しいけど
ちょっと離れた場所にいるガラパゴス・エレカシを
遠巻きに見てソワソワしてる他の同年代を垣間見るの面白いw

たぶん、仲がどうとかじゃなく
お互いの世界を邪魔しないために引いてる境界線が
本体に近いか遠いかなんだと思うんだよね
(せっちゃんと吉井さんだって今ほど近づいたのここ数年の話だもんなー)

そんなこと妄想してて
実はめちゃ仲がいい(or悪い)とかだったらどうしようw
まあ、それはそれで。

せっちゃんの二日間のセットリストは以下のとおり
(※多分順番は曖昧)

(BTR)
・ずっと好きだった
・傷口
・攻めていこーぜ
・I Love Me
・やさしくなりたい
・ハミングバード
・ベリーベリーストロング〜アイネクライネ
・Hello! Everybody!
-----アンコール-----
・Go! Go! Cherry Boy(マニッシュ曲)
・歩いて帰ろう

(サンマリ)
・ずっと好きだった
・攻めていこーぜ
・やさしくなりたい
・ベリーベリーストロング〜アイネクライネ
・歩いて帰ろう

BTRのほうが何度かやってるイベントだし
来てるファンが多かったと思われるので
歩いて帰ろうへの反応も良かった気がしますねー
下ネタも平気で飛び出してたしw
(書いて残すのもアレなネタなので割愛)

あと個人的に
小田原さんがドラムに入ってるせっちゃんのライブ
初めて見たかもー。
初見のときからずっとトムさんだったので
ちょっと不思議な感じだった。

サンマリのとき
「これ(スクリーン)映ってんですよね…。
一昨日くらいからここ(口の下)におできが出来て…」
「あんまり見ないでください」

いやそんな恥ずかしそうに言われても…乙女か…。

あ、あと両日ともロールアップジーンズでした。
くるぶし!せつこのくるぶし!(勝手に興奮)
鼻息粗くオペラグラスでガン見しときました。

せっちゃんも次は野外でワイバンです。
また新曲聴けるかなー
(別府では傷口やってくれたのに
サンマリは時間短めだったからかやらんかったのよねー)

別府が暑かったのかビーコンの空調がおかしいのか
会場内で涼しさをほとんど感じれなかったw
暑かったー。帰りの電車、22時台なのに
山陽新幹線が部品外れた事故で遅れて
その影響で在来線も微妙に遅れたせいか
人多くて、疲れたなー
次の日広島に行くとか考えられないレベルで…

でも翌日起き上がったらすっかり元気になってたので
ライブに1本行くってのは相当なデトックスなんだなーって。
サンマリの翌日も半日だけど仕事で、
広島で新幹線乗り込んだときは本当に疲れ果てて
明日起きるの無理…状態でしたが
翌日起きるとやはりスッキリ。

いいもんいっぱい見て、聴いたからだろうね。

素晴らしい2日間でした。

| せっちゃん | 21:47 | - | - | pookmark |
つれづれせつこファイナル1227
行ってきましたー
斉藤和義ライブツアー2014
[RUMBLE HORSES]
Zepp Fukuoka 2014.12.27


ツアーファイナル!
せっちゃんのツアーファイナルって初だな自分。

実は本当にネタバレも何も見ずに臨んだお陰で、
(見ないようにしてたわけでなく
本当に目の届く範囲になかった)
出てくる曲出てくる曲新鮮で!

今回のサポートドラマーがチャーリー・ドレイトンという人で
彼はせっちゃんのアルバム「NOWHERE LAND」期に
「喜びの唄」を共作した縁がありまして。
じゃ、NOWHERE LAND期の曲は何曲かやりそうだなあと
予習してましたが、大当たりしましたーw

まず2曲目に透明の翼の時点でオイオーイそんないきなりーと思いましたが
そっから後もcat styleとかハックルベリーフィンとか喜びの唄はもちろん
野良猫のうたとか、この古着は誰が着ていたんだろう、ニューヨーク、イレズミ…
NOWHERE LAND再現ツアーか?!と思ったところ
そういやこのアルバムの頃プロモーション期に
ご本人が入院して静養って事態が起き、ツアーやって…ないような…
なんか中止になったとか…見たような…
(※2002年当時はまだファンってわけではなかった。
「喜びの唄」はMV見てて知ってたけど)
あまりのレアさに驚きつつ悶々としていましたら
MCでばっちり
「(NOWHERE LAND)このアルバムんとき、ツアーやってなくてですね」
と本人が答えを言ってくれまして
再現てわけでもないけど、まあ…チャーリーも来てくれたことだし
この辺の曲多めでややマニアック選曲ですね、このツアーは的なことをおっしゃってました。

だいたいどこでも前半のこの時間はお客さんそういう感じで
(※あっけに取られてた、ワタシの周囲は。
最近ほとんどやってなかった曲ばかりでどうしていいかわからない状況?)
アンケートでも半分以上知らない曲で云々書かれてたけど
「そうか、ザマーミロ!みたいな」とww

私が個人的に一番興奮したのが「アメリカ」ですよ。
十二月in武道館のDVDで弾き語りでやってるの見て好きになったんですけど
いつか生で聴けないかなー!と思ってたら
叶っちゃいましたよー!思わず拝んでしまいましたよ。
だいたいせっちゃん髪伸び過ぎてどこのイエス(@聖おにいさん)かと思った。
(仙人系というより聖兄系…)
なんかシルエットになったらえらい神々しかったw
後半暑くなったらしくて一つに結わえてサッカー小僧みたいになったけど
(服装もサッカーユニフォーム的なVネックの白と黒の重ね着だったから余計…)
曲と曲の転換でもう次のイントロ始まってるときにバババッて結んでて
遠目に見ても後れ毛ほとんどなく真っ直ぐに結べてて
手際の良さにびっくりだったw

鹿野さんがいたからピアノは弾かなかったけど
「わすれもの」のアレンジかっこよかったなー
ギターがフラVで、えらい狂おしいギターソロ弾いててめちゃかっこよかったなー…
今後もたまにやってほしい…(ピアノ弾くせっちゃんも好きなんだけども)

基本的に小編成だったのでみんな大忙しで(楽器ローディーさん含む)
でもみんなかっこ良かったなあ
チャーリーのドラム、音がハッキリしててコーラスもうまいし
(「ニューヨーク」とかね)
なんか、だいたい見た事あるアメリカ人のミュージシャンて
明るくてチャーミングなんだけど、チャーリーもそんな感じだなあ
言葉は大部分鹿野さんを通して意志疎通をしてたみたい。
(「今日が最後じゃなければいいのに…」と言ってたのを
せっちゃんがなんか違う意味で聞いてたようで。疎通できてないwて)

言葉通じないけど一緒に音楽奏でたらあんまり関係ないんだろうな
って思ったのが、ライブ終わりに、
ファイナルでチャーリーしばらくお別れ…なんだろうなあ、わかんないけど
ステージ上でせっちゃんとチャーリーがギュッと抱き合って
そのシーンはグッときた
また来てねチャーリー。

あと、アンコールでいつの間にやら隅ちゃんが民生さんに入れ替わってたw
(※2人、遠目に風貌が似てるから気づかなかったw
前方がなんか盛り上がってるなーって思ってた)
幸福な朝食〜で民生さんがベースを弾くという何とも豪華な…
(1日目も来たそうですが)
その後民生曲カバー…じゃないよ本人が歌ってたよ2曲
(1曲はドラムを叩きながら、1曲はギター弾きながら)
民生さんがドラム叩きながら歌うの初めて生で見たけど
音もハッキリしててすごいなーって思った。
チャーリー→民生→せっちゃんの順でドラム交替してたけど
せっちゃんちょっと音が元気なくて(私が聞きとり辛い音程だったのかもしれんけど)
ああ、ドラムってやっぱ音デカくてなんぼなんだなと思った…
(トミは長年声のでかい歌い手の後ろで叩いてるからその辺素晴らしい)

うっかりすると後半の民生飛び入りで食われかねなかったけど
そこはせっちゃん、ちゃんとしてるなーって。

ずっと好きだったで後半客に歌わしてくれてたんだけど
確実にウソのほう歌ってる人もいたよなあ
福岡だから久留米ー!とか飯塚ー!とか小倉ー!とか呼んでくれて
大牟田もあったかな?そのうち地名が出て来なくなりw
北九州ー!(て、それ小倉みたいなもんだしー!)
満面の笑みで捌けて行ったから
せっちゃん、やっとNOWHERE LANDの曲たちも完結できたのかな
と思った。
以前、アルバムは出したら完成、というわけでなく
ツアー回ってライブでやって、やっと完成
みたいなこと言ってたから
じゃあツアーできなかったあのアルバムのことは
どう思ってたのか

失礼な言い方かもしれないけど12、13年前に比べたら
より多くの人に生で聴いてもらったことになるのかな
それはそれで幸せな曲たちなのかもしれないなあ
と思ったのでした。

せっちゃんに限らず
出した当時はそんなに売れなくて
あまりライブでもやらないレアになっちゃった曲を
後年どっかで本人が売れたり人気出たりした後
今のその声であのレア曲を!とか望んだりするじゃないですか

そう望まれる曲が1曲あれば充分なのに
たくさんあること自体素晴らしいんだけども。

本人が望んで好きなことが自由にできる環境を得ることって
並大抵の努力や運でできないんだなあって
しみじみと感じたものでした。

図らずもこのツアーでNOWHERE LANDの曲が進化したのを目撃してしまい
後々、ああ、あのツアー激レアだったな…て思うのかもな…
いやいや、レア曲にせずたくさんやってくださいよう、と思わん事もないけど
いい曲には困ってないだろうからなー

せっちゃん今後どんな曲書くんだろうか…
今それが楽しみで仕方ない

以上〜。
セトリは後日追記予定〜
グッズはショルダー小袋と卓上カレンダー。
エレカシグッズもそろそろ来そうだし卓上が充実しつつあるw


| せっちゃん | 21:50 | comments(0) | - | pookmark |
せっちゃん@城ホール2日目
斉藤和義ツアー@大阪城ホール
2014.4.26

行ってきましたー。
大阪までー。
天気良くてですねー
日焼けしそうでした。

世間はGWの最初だったようで
新幹線もかなり混み混みでした。
でも毎回思うけど大阪っていい距離だよねー
一眠りしてちょっと飽きてきたぐらいに着くから。

関西弁ワールドに溺れそうになるけど
慣れたら大分までの長い道のりの間に
程よく忘れるようになったし。

ライブ前にはエレカシ&吉井仲間のSさんと
お茶して楽しかったー(*´∀`*)/”
仕事でお疲れのところお付き合いありがとうございますー!
Fさんは残念でしたが、また夏にサマソニで行きますんでー。

ピーチクリームのケーキなどを食したわけですが
実はライブ中の飴ちゃんがわりのグミに
またピーチ系を買ってどんだけ桃好きなのかと。

ライブの感想は続きから〜


続きを読む >>
| せっちゃん | 21:13 | comments(0) | - | pookmark |
せっちゃん大分
 斉藤和義
TOUR 2013-2014 [斉藤&和義]
2014.3.23 at 大分・iichikoグランシアタ

しつこいようですが行ってきましたー。
実は午前中4年前の大分公演(当時はTOPS)の
自分の感想文読んでて、ほう、こんな感じだったか
感想とかやっぱり書いとくもんだなと思ったので
書いときます。

昨日もちょろっと書いたとおり
サポートドラマー玉田豊夢氏の実家が大分・臼杵にあるため
トムさんがサポートだと大分かなり面白い。
(ていうか今まで大分でせっちゃん見た3回、すべてトムさんがドラムだったので
そうじゃないライブ知らない…)

んー…セットリスト以外のどこをネタバレとすべきか…
まあとりあえず長いので続きを読むからどうぞ

続きを読む >>
| せっちゃん | 22:06 | comments(0) | - | pookmark |
つれづれせつこ
●せっちゃん@大分iichikoグランシアタ
行ってきましたー。

せっかくだから最後に行く大阪2日目まで
セットリストは非公開で〜。

大分と言えばサポートドラマー・玉田豊夢さんの故郷で
凱旋ライブなので、毎回トムさんいじりが面白い。

あ、そういえばさっきツイッターで
せっちゃん、西大分にある大分TOP'Sでやってた
ダイノジロックフェスにサプライズで登場したという情報が。
それで昨日から玉田豊夢フェスって言ってたのかなー
フラカンも出てたそうだから、
今夜は一緒に飲むのかなー。
大分でそんな交流が行われてたら胸熱ですよ、ほんと…

話を戻して。

以下
せっちゃんのMCによるトムさんいじり。

せ「トムくん、童●を捨てたのはこの街ですか?」
豊「いきなりですか…そうですね」
せ「あらっ。お相手は今日きてたりする?」
豊「いや、連絡とってないんでわかりませんww」
せ「何歳ですか」
豊「セブンティーンですw」
せ「wwwいいんですか。お母さんきてるんですよね」
(一同、アンタが振ってんだよ笑い)

他にもフジケン氏へのいじりやら何やら、
今日はもう時間ないので
明日まとめて書きます。

地元のライブは気楽でいいけど
いろいろ事がうまく進みすぎて
体力の温存を忘れるわ
もう眠い…


| せっちゃん | 23:47 | comments(0) | - | pookmark |