無事なる日々

音楽とライブと仕事の日々
つれづれDOWNBEAT
●太郎「DOWNBEAT」きましたー
今一巡目なんですけど、やっぱり新しい感じ
そしてInterludeは入れなきゃ気が済まんのね〜
好きだけどね。
そのアルバムのなんとなくの要約が入ってると思うんです
Interludeで説明してる的な

とりあえずYo-Hoの声のhyde感に驚いてる。
かつてここまで似て聞こえたことないな…
ということはラルクカバーもいけそうだな太郎…
(まだ昨日の話引きずってる)

個人的に、
まだ踊らせる系曲が新しく響いてた
2000年代頭な気分を感じて
とても懐かしくもある。

激しく余談なんですけど
自分が初めてオールスタンディングのライブに行ったの
くるりの「Team Rock」ってアルバムのツアーだったんですよ。
2001年だったかな。
くるりもその当時かなり新機軸だったし
かなり踊れる曲多めだったのか、
それまでのノリがどうだったか知らないけど
もうこれは何だと思ったよね、初オールスタンディング。
(しかもその少し前に胸骨にヒビ入ってたから
前の人のヒジ入って気が遠くなった)

それまで聴いてたイエローモンキーとかとは
文化の違いを感じたんです、そこで。

もうイエローモンキーは活動休止してたし
「8」ってアルバムでかなり新しい感じにはなってたけど
やっぱり…違うんだなーって。
打ち込みとか当たり前どころか自然に使うもんなんだな
って思ったよね。

思えば、太郎の中高生時代って2000年代なわけだから
そういうのを浴びて育ったわけだよね…
不思議な感じだなー。
「Team Rock」が出たとき10歳か…
ワンダーフォーゲルが象徴的な曲だったと思ってるけど
どんなイメージがあるのかなあ

なんか…これまでになく懐かし新し感あるEPだな
と思って聴いてる。
しかもそれを太郎が作ったってことが不思議っていうか
なんの巡り合わせなのかなあと思ってる。

あーライブ行きたくなっちゃったじゃないのー。
| 太郎あれこれ | 21:32 | - | - | pookmark |
つれづれ1129
●太郎界隈
12/1(明後日)新展開の活動内容が発表?とかで
いまツイッターやフェイスブックでカウントダウンしてるわけですが
どうも髪が?短いっぽい?
初めて見たときは今よりさらに長かったから
年を経るごとに短くなってるイメージなんですけど
一気にジャンプアップしたのか?形変わったのか?
前髪上げたのか?

もう他の人も含めて髪の長短ぐらいでいちいち驚かないけど
(吉井さんとかほっとくと坊主になるし)
さすがに印象変わるかなー
それをCDJに行ける人は目撃できる、と。
羨ましいのう。

そういえばワタシRADIO CRAZYは諦めましたわー
せっかくのせつこ福岡ファイナルが気もそぞろになりそうだし…
エレカシは新春武道館2daysでたっぷり楽しむつもりです。

話がそれた
太郎の新展開ね。
さっき久々にサナギと太陽のMVガン見したけど
いい曲だなーって。
ちゃんと作られてて。
サナギなんてまだ顔が少年なのに
なんてちゃんとした曲なんだろうって思った。

自分は物を作る仕事の端くれだけども

わかる人にだけわかってもらえばいい

っていうのは意志として薄弱な部類に入るって思ってて
そう口にする人の作るものは迷いと甘えでいっぱいなんです。

音楽や絵みたいな芸術だったら
それが芸風として受け取ってもらえることもあるけど
自分の作る物の種類的にそれではちょっと困るから
なんとかなだめすかしたりときには突っぱねたりして、
修正してもらったり変更させたり
一定のレベルに乗せなければならない。
自分もそうしないといけないと思う。
上司と喧々諤々になるときもあるけど
たとえ上司を言い負かしたところで、
要求してきたものに対するものでなければ意味がない。

何が言いたいかって、
太郎くんは理論とかなんとかの前に
何よりちゃんとしたものを作る、っていう「態度」がある。
そこが好きなんだよな。

新展開はなんなんでしょう。
アルバムできたのかなー
去年の福岡以来ライブもほとんど見れてないから
(1年経っちゃった…)
ワンマンも待ってるよー…

| 太郎あれこれ | 21:43 | comments(0) | - | pookmark |
つれづれ太郎生誕
●本日は小林太郎くんの24歳の誕生日です。
おめでとうございます。
午年生まれ、年男なんですよね。
1966年生まれ組も年男なんですよね
(トミ・成ちゃん・ミヤジ・せっちゃんと2周り違うのか)

うちの兄が1978年生まれの午年なので
ちょうど間なんです。

なにかと午年には縁があるらしい…

きっと緊張したり戸惑ったり
慌てたり落ち込んだり荒んだりもするんだろうけど
太郎くんの朗らかさや明るさ、真面目さは
見てて、曲を聴いてて、
ハッとします。

「君子豹変」って言葉がありましてね
超簡単に言うと「立派な人はすぐ変われる」ってことです。
自分の良くないところや足りない部分を理解し
変わろうとしていける人こそ立派な人です。

年を取れば取るほど、注意してくれる人や叱ってくれる人、
戒めてくれる人が減るし、頭の柔軟さも失われ
古い価値を後生大事にして新しい考え方を認めようとしない。
つまり、凝り固まったままの石頭になります。

なので、気分やジャンルの右往左往は
若いうちにやっておくほうがいいと思う。

太郎くん、おめでとう!

| 太郎あれこれ | 22:25 | comments(0) | - | pookmark |
小林太郎@浜松窓枠
で、行ってきました。
小林太郎@浜松窓枠

もー浜松までライブ見に行くようなら
カテゴリにしていいんじゃないかと
「太郎あれこれ」なんてカテゴリを作ってみたw

いつものとおり、
レポと呼ばれるにはおこがましい感想文です。

とりあえずライブ本編のみ。

浜松(グルメ)の旅についてはまた次回
引っ張るね。。

大した情報は得られないと思いますが
お暇な方のみ↓からどうぞー。 
続きを読む >>
| 太郎あれこれ | 22:56 | comments(2) | - | pookmark |