無事なる日々

音楽とライブと仕事の日々
<< つれづれせつこ | main | つれづれ0325 >>
せっちゃん大分
 斉藤和義
TOUR 2013-2014 [斉藤&和義]
2014.3.23 at 大分・iichikoグランシアタ

しつこいようですが行ってきましたー。
実は午前中4年前の大分公演(当時はTOPS)の
自分の感想文読んでて、ほう、こんな感じだったか
感想とかやっぱり書いとくもんだなと思ったので
書いときます。

昨日もちょろっと書いたとおり
サポートドラマー玉田豊夢氏の実家が大分・臼杵にあるため
トムさんがサポートだと大分かなり面白い。
(ていうか今まで大分でせっちゃん見た3回、すべてトムさんがドラムだったので
そうじゃないライブ知らない…)

んー…セットリスト以外のどこをネタバレとすべきか…
まあとりあえず長いので続きを読むからどうぞ

 今回の席は10列台後半で、
PA席近所だったので音のバランス良し。
裸眼で1.0以上の自分でも微妙な表情の変化は見えにくかった、という感じです。
せっちゃん背が大きいから動きは
だいたいどこでも見えたはず。

大分ならではのことというと、
アンコールの某曲で変則バンドやるんですけども
客席の16列目と17列目の間に通路があるんだけども
その横の扉から
ポッキーギターを抱え、
せっちゃんが本編冒頭で着てたヒョウ柄のロングジャケットの、
トムさんサイズを着たトムさんが現れました。

なんていうか、目の前を通るトムさん
妖精のようだった。

すんごい緊張してたように見えた

実はアンコール始まる前にスタッフさんがその通路に集結して屈んでて
これは誰かこの通路から登場するのでは…と
その近辺の人達(特に通路の後ろ側にあたる17列目付近)がそわそわしてて
せっちゃんはステージから出てきたから、違うなあみたいな雰囲気になってて
(正直、忘れかけてた頃)
トムさんが登場したのでひゃー♪って感じになってた。

しかもアンコールの1曲目ってあの難しい物真似を要求される曲だから
皆それどころじゃなくて。
(チバさんの声真似うまくなったなーせっちゃん、
「♪ムンク〜こ・ろ・す!」には狂気さえ感じた)

あとはあの曲の紹介をやらされたんだけども
それもドラムの叩き語りで
(せっちゃんがよくやるやつ)
本人、「やったことなくて今回初めてやります…」
終始今まで見たことないぐらい恐縮しつつ叩き語った挙げ句
しっかり辻村兄に振ってました。
(辻村兄から始まる曲なので、兄、一生懸命トムさんを見てた)
実はちょっとハラハラもしたけど
最終的にはうまく繋がってた気がしました〜

では、せっちゃんMCによるメンバーやご当地いじりをお届けします。

「昨日佐賀が終わった後、車で大分入りしまして、早速とり天食べましたー」
「とり天、大分きたら必ず食べるんだけど
東京とか関東にはないのが不思議で…」
「もっと広まったらいいのになー」

「大分、去年の正月に旅行で来て以来なんですよー」
「そのときは別府に3泊しまして」
「別府は…あの、地獄めぐりは正直、アレだよね…鬼の看板立ってるだけじゃん!って」
(※私、地獄めぐりは記憶にないぐらい小さい頃行ったことがある程度なので詳しくないけど、
素直に温泉入ってたほうがいいと思う、別府は)

「高校の修学旅行で別府きたときも同じこと思ったんですけど」
(関東の修学旅行って九州だったのか〜)

(途中、3人編成で激しくやった後にその間お休みしてたギター2人に)
せ「フジケン、何やってたの?」
フ「Pロール(※B-speakという湯布院の行列ができる系有名店の名物。大分駅でも買える)食べてました」
せ「びーちくろーる?」
フ「wピーロール!」(客、キターwww状態)
せ「乳首についてはどうですか?好き?」
フ「乳首はみんな好きでしょ」
せ「色とか…」
フ「なんでもいいですw」
せ「おれは、乳首と乳輪の色の差がないのが好きなんです」(発表したよこの人ww)
フ「…自分もそれがいいです」
せ「なんでもよくないんじゃんw」
フ「」
…フジケン氏に同情してしまうwwww
あとあれ、武道館のAlwaysミックスダウンのときの話って
結構どこのMCでも言ってるっぽいですよね。
「バースデーでライカギューって曲作りなさい」と言われていたよww

かんぴょうの次にいじられネタができちゃったみたい…

(辻村兄に対して)
せ「たけちゃん、なにやってたの?」
豪「トムくんから教えてもらっただんご汁?食べてました」
せ「だんご汁?」
豪「なんか、豚汁みたいな汁にうどんの麺を太くしたようなやつ…」
(客から「なんか違うなあ」的ざわ…ざわ…)
せ「なんか違うみたいよ」
豪「あれ?違う?うどんの麺じゃない?」
(客が誰一人として正解を言わずひたすら「ざわ…ざわ…」www
地域によってちょっと違うからなー正解があるのかすらわからん)

なんかせっちゃんも
だんご汁から下ネタに引っ張るのは諦めたらしくw違う話を振る。

せ「キセルの曲、CMでよく聴くよね。あの出●のやつとか」
豪「そうですね〜もう3年近く」
せ「ちょっと歌ってみて、あの曲」
豪「(ギター弾き語り)」
せ「その部分しかないの?」
豪「いえ、ちゃんと1曲、サビもあって…切られちゃいましたけど」
せ「えっ!」
豪「まああの曲、買い取りなんで…」
せ「うっははははは!(びっくりするぐらい大ウケ)」
せ「そんな、いきなり生臭い話www」
(※印税とか著作権が発生する仕事する身にはこわい話に聞こえましたよ。ブルブル)

トムさんのお母さんの話になって
せ「トムくん、楽屋でも無口なんだけどお母さんかなりファンキーで」
ト「うち、親父もこういう感じだったから…」
せ「そっか、お父さんのほうを受け継いだのかね」

トムさんはどんな青春だったのかっていう話で
ト「臼杵から高校のある別府まで通ってて(←凄い!)、
電車で片道2時間ぐらいなので始発で出て
学校終わったら大分でスタジオに寄ってバンド練習とかして
終電ぐらいで臼杵まで帰って、で、また始発で学校行く、という生活を3年間」

せ「すっごいねー!なんだっけ、電車で痴漢?に遭ったことあるって?」
ト「電車の4人掛けのボックス席にひとりで座ってたら、
3人おばちゃんが乗り込んできて自分の周りに座って、なんか手にリップクリーム塗られて」

せ「リップクリーム???ハンドクリームじゃないの?」

ト「あ、ハンドクリームですねwww」

ト「『色、白いねえ〜』とか言われながら、勝手にハンドクリーム塗られましたww」
せ「今だったら逆セクハラだよねそれ」

せ「大分のおばちゃんってみんなそうなのかねー」
(客、否定も肯定もせずwwwあながち間違ってないし)

あーMCのことばっかり触れてたら切りがないww

本編は、3曲目ぐらいまでせっちゃん声掠れててキツそうだった。
途中で長いMCして休んでたというのもあり
後半は良くなったけども。

セットリスト、武道館と順番が入れ替わってるところがあったな。
来月の大阪はどうなるのかなあ

楽しみにしてます。
以上

後で思い出すことがあったらそのときにまた書きます〜。
| せっちゃん | 22:06 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする