無事なる日々

音楽とライブと仕事の日々
<< つれづれ1226 | main | つれづれ1230 >>
つれづれせつこファイナル1227
行ってきましたー
斉藤和義ライブツアー2014
[RUMBLE HORSES]
Zepp Fukuoka 2014.12.27


ツアーファイナル!
せっちゃんのツアーファイナルって初だな自分。

実は本当にネタバレも何も見ずに臨んだお陰で、
(見ないようにしてたわけでなく
本当に目の届く範囲になかった)
出てくる曲出てくる曲新鮮で!

今回のサポートドラマーがチャーリー・ドレイトンという人で
彼はせっちゃんのアルバム「NOWHERE LAND」期に
「喜びの唄」を共作した縁がありまして。
じゃ、NOWHERE LAND期の曲は何曲かやりそうだなあと
予習してましたが、大当たりしましたーw

まず2曲目に透明の翼の時点でオイオーイそんないきなりーと思いましたが
そっから後もcat styleとかハックルベリーフィンとか喜びの唄はもちろん
野良猫のうたとか、この古着は誰が着ていたんだろう、ニューヨーク、イレズミ…
NOWHERE LAND再現ツアーか?!と思ったところ
そういやこのアルバムの頃プロモーション期に
ご本人が入院して静養って事態が起き、ツアーやって…ないような…
なんか中止になったとか…見たような…
(※2002年当時はまだファンってわけではなかった。
「喜びの唄」はMV見てて知ってたけど)
あまりのレアさに驚きつつ悶々としていましたら
MCでばっちり
「(NOWHERE LAND)このアルバムんとき、ツアーやってなくてですね」
と本人が答えを言ってくれまして
再現てわけでもないけど、まあ…チャーリーも来てくれたことだし
この辺の曲多めでややマニアック選曲ですね、このツアーは的なことをおっしゃってました。

だいたいどこでも前半のこの時間はお客さんそういう感じで
(※あっけに取られてた、ワタシの周囲は。
最近ほとんどやってなかった曲ばかりでどうしていいかわからない状況?)
アンケートでも半分以上知らない曲で云々書かれてたけど
「そうか、ザマーミロ!みたいな」とww

私が個人的に一番興奮したのが「アメリカ」ですよ。
十二月in武道館のDVDで弾き語りでやってるの見て好きになったんですけど
いつか生で聴けないかなー!と思ってたら
叶っちゃいましたよー!思わず拝んでしまいましたよ。
だいたいせっちゃん髪伸び過ぎてどこのイエス(@聖おにいさん)かと思った。
(仙人系というより聖兄系…)
なんかシルエットになったらえらい神々しかったw
後半暑くなったらしくて一つに結わえてサッカー小僧みたいになったけど
(服装もサッカーユニフォーム的なVネックの白と黒の重ね着だったから余計…)
曲と曲の転換でもう次のイントロ始まってるときにバババッて結んでて
遠目に見ても後れ毛ほとんどなく真っ直ぐに結べてて
手際の良さにびっくりだったw

鹿野さんがいたからピアノは弾かなかったけど
「わすれもの」のアレンジかっこよかったなー
ギターがフラVで、えらい狂おしいギターソロ弾いててめちゃかっこよかったなー…
今後もたまにやってほしい…(ピアノ弾くせっちゃんも好きなんだけども)

基本的に小編成だったのでみんな大忙しで(楽器ローディーさん含む)
でもみんなかっこ良かったなあ
チャーリーのドラム、音がハッキリしててコーラスもうまいし
(「ニューヨーク」とかね)
なんか、だいたい見た事あるアメリカ人のミュージシャンて
明るくてチャーミングなんだけど、チャーリーもそんな感じだなあ
言葉は大部分鹿野さんを通して意志疎通をしてたみたい。
(「今日が最後じゃなければいいのに…」と言ってたのを
せっちゃんがなんか違う意味で聞いてたようで。疎通できてないwて)

言葉通じないけど一緒に音楽奏でたらあんまり関係ないんだろうな
って思ったのが、ライブ終わりに、
ファイナルでチャーリーしばらくお別れ…なんだろうなあ、わかんないけど
ステージ上でせっちゃんとチャーリーがギュッと抱き合って
そのシーンはグッときた
また来てねチャーリー。

あと、アンコールでいつの間にやら隅ちゃんが民生さんに入れ替わってたw
(※2人、遠目に風貌が似てるから気づかなかったw
前方がなんか盛り上がってるなーって思ってた)
幸福な朝食〜で民生さんがベースを弾くという何とも豪華な…
(1日目も来たそうですが)
その後民生曲カバー…じゃないよ本人が歌ってたよ2曲
(1曲はドラムを叩きながら、1曲はギター弾きながら)
民生さんがドラム叩きながら歌うの初めて生で見たけど
音もハッキリしててすごいなーって思った。
チャーリー→民生→せっちゃんの順でドラム交替してたけど
せっちゃんちょっと音が元気なくて(私が聞きとり辛い音程だったのかもしれんけど)
ああ、ドラムってやっぱ音デカくてなんぼなんだなと思った…
(トミは長年声のでかい歌い手の後ろで叩いてるからその辺素晴らしい)

うっかりすると後半の民生飛び入りで食われかねなかったけど
そこはせっちゃん、ちゃんとしてるなーって。

ずっと好きだったで後半客に歌わしてくれてたんだけど
確実にウソのほう歌ってる人もいたよなあ
福岡だから久留米ー!とか飯塚ー!とか小倉ー!とか呼んでくれて
大牟田もあったかな?そのうち地名が出て来なくなりw
北九州ー!(て、それ小倉みたいなもんだしー!)
満面の笑みで捌けて行ったから
せっちゃん、やっとNOWHERE LANDの曲たちも完結できたのかな
と思った。
以前、アルバムは出したら完成、というわけでなく
ツアー回ってライブでやって、やっと完成
みたいなこと言ってたから
じゃあツアーできなかったあのアルバムのことは
どう思ってたのか

失礼な言い方かもしれないけど12、13年前に比べたら
より多くの人に生で聴いてもらったことになるのかな
それはそれで幸せな曲たちなのかもしれないなあ
と思ったのでした。

せっちゃんに限らず
出した当時はそんなに売れなくて
あまりライブでもやらないレアになっちゃった曲を
後年どっかで本人が売れたり人気出たりした後
今のその声であのレア曲を!とか望んだりするじゃないですか

そう望まれる曲が1曲あれば充分なのに
たくさんあること自体素晴らしいんだけども。

本人が望んで好きなことが自由にできる環境を得ることって
並大抵の努力や運でできないんだなあって
しみじみと感じたものでした。

図らずもこのツアーでNOWHERE LANDの曲が進化したのを目撃してしまい
後々、ああ、あのツアー激レアだったな…て思うのかもな…
いやいや、レア曲にせずたくさんやってくださいよう、と思わん事もないけど
いい曲には困ってないだろうからなー

せっちゃん今後どんな曲書くんだろうか…
今それが楽しみで仕方ない

以上〜。
セトリは後日追記予定〜
グッズはショルダー小袋と卓上カレンダー。
エレカシグッズもそろそろ来そうだし卓上が充実しつつあるw


| せっちゃん | 21:50 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする