無事なる日々

音楽とライブと仕事の日々
<< つれづれ0725 | main | つれづれワイバンエレカシ0821 >>
つれづれ0815
☆拍手ありがとうございました。
--------------------

○新曲について
ちゃんと感想をまとめきれてないまま
ずるずる2週間くらい経っちゃったのですが
職場への行き来でインスト含めてリピートしまくってます。

どちらも「食」関係の曲なんですよねー
(かたや明治、かたや飯テロドラマ)
この短いインターバルになぜか「食」関連のタイアップ2つって
偶然と考えても面白いですね。

i am hungryのほうはまだライブで聴いてないからアレですけども
夢を追う旅人はすでにアラバキで聴いてまして
ライブで聴いた音とCDの音源に大きな差がない感じが
生のバンドっぽい音を目指したっていうインタビューと相まって
今はよりバンドらしさを追求してるんだろうなーと。

去年出た愛すべき今日も
ストリングスを入れずに4人+キーボードぐらいの
最小人員で出せる音になってたので
CDとライブの音が遠くなくてギャップが少ないんですよね。

これは聴いてるほうにとっては良いことが多くて
何より、ライブを想起できるのがいいなぁ
と、素人考えですが思います。

夢を追う旅人をアラバキで聴いたのって
まだ九州の震災の記憶が生々しい頃で
仙台に来てる間に
九州の自分ちでもっとひどいことが起きたらどうしようと
7割くらい真面目に考えるレベルで余震も多くて。

不安だらけだったので、初めて聴いたこの曲は
鼻の奥がツンとしました。

音楽と人の宮本インタビュー読んだのですが
この人達もう50歳なのに、まだレジェンド(伝説)にはならずに
人前で産みの悩みや苦しみなどの生身を晒し続ける人でいてくれるんだなあと
しみじみ励まされる気分でした。

「もがいている現状を歌にしたら自然と応援歌になる」って言葉は
当たり前に聞こえるけども、
基本、かっこつけちゃうじゃないですか
こんなの大したことないでしょ、って悩んでる姿を見せない人。
そういう人も十分世の中には必要だけども
他の何割かはエレカシのようなバンドの曲に救いを求めるんだと思う。

MVは確かにナゾ。
'70年代アニメのEDっぽい雰囲気云々てどっかで見ましたが
とても劇画タッチ…巨人の星みたいなやつ。。
どういう内容のアニメを想定してるのかなぁ。

ワタシ'80年代生まれなんで、イメージもへったくれもないんですが
確かに'80年代後半〜'90年代初頭のバブル全開期のアニメはよく見てて
たまにOPとかEDとか映像を見かけたりするんですが
それ、懐かしいなーって油断して見てると、
突然得体の知れない恥ずかしさに襲われて目を逸らすんですが
そういう気分と似てて、多少困惑しました。

ま、私の感慨とかどうでもいいんですよ。
いつか消えてなくなるけど、
珍しい感慨だからちょっと記録しとこう、ぐらいの気分で今書いてるんで。
あんま、好きも嫌いも感じてないかな。

現在進行形でファンの人が
前評判で聞いたとおりの視線で
ダメなものと思って見るとダメかもしんないけども
予備知識ない人はそうでもないかもよ。

そういえば、何となくシグナルっぽいMVになるのかなぁ
と思ってたこともあるんですが
今スペシャのMV番組とか見てると、結構ああいうのありがちなんですよね。

数あるMVの中だと埋もれちゃうかもしれない。
そうなると、ファンをも悩乱させるレベルの
はみ出して浮いたMVという意味では、アリなのかなーって思って。

カッコいいのはわかってんじゃん皆。
だからファンにとっては
よく知らなかった人から「かっこいいねあのMV」
て言われたい気持ちが常にあるのは百も承知だけど
私としては「よくわかんないけどかっこいいね」って言われるのも嬉しいと思う。

そうやって自分の興味の赴くままに
ファンになってきた人の入り口やきっかけがあのMVだったら
素晴らしいことだ。

そんな奴いない!って言いたがる昔からのファンもいるかもしれんが
その話より、好きになってきた人の話を聞きたいと思いますよ。

あ、そういえば野音は2日目行きます。
(1日目は相撲が終わってから外聴き予定)
いやー楽しみ!

その前に今週末は山口でワイバンなので
多分聴けるであろう初i am hungryを楽しみにしてます。
雨降らないで適度な温度だといいなー(わがまま)
| エレカシ | 22:45 | - | - | pookmark |