無事なる日々

音楽とライブと仕事の日々
<< つれづれ0815 | main | つれづれ0904 >>
つれづれワイバンエレカシ0821


○WILD BUNCH FEST.2016 in山口きらら博記念公園

行きましたー。
2日目の21日(日)のみ。
小倉からのシャトルバスで行ったんですが
去年より乗客めちゃ増えてたような…
確かに駐車場は混むし遠くなるし、
バスのほうが便利だよねー。

去年は確か1日目だったから開場前が混んでたんだろうなー
今年はリストバンド交換もクロークも全然並ばずスムーズでした。
(去年はどうだったか覚えてなかったけど、今年はクロークの出し入れ自由になっててとても助かった)


ライブが始まってアーティストグッズ列が幾分落ち着いた多目的ドーム内。
ほどほど多いときに全アーティスト一緒くたの列に並ばされ
さあどこでもどうぞ、って入れてもらった後
横の某バンドの長蛇の列をすっ飛ばしてエレカシコーナーに突撃してきました。
売り子のお姉さん、サイズ迷ってたらわざわざ「これがSです!」って
ハンガーでかけてる分下ろして教えてくれて
超親切だった。ありがとうございます。。

正直いってほとんど多目的ドームでぐったりしておりました。

去年のサインも飾ってました。
珍しくみっきーまでサインしてた。
初の山口でとてもテンション高かったのを記憶しております。
去年の様子はこちらに→つれづれワイバン0822
右隣はせっちゃんですね。出演順に並べてるんだな。

ライブはエレカシを中心にお伝え致します。
13時半頃やっと外に這い出て
広島からきていたお友達と合流し


腹拵えでビールをあおり(with下関名物ふくの唐揚げ)
エレカシ後にもう一杯。(with大分名物の鶏唐揚げ)

エレカシはメインステージのひとつ、Pirates Stageで16時20分からでした。
転換の間、前のほうに詰めてみましたが、
男椅子の座面の傾きが直っていることと
長〜いシールドつきのマイクを用意していたので、あ、今日はコードつきか。
丹下さんは今日いないっぽいなぁ
とか思いながら日に照らされつつ待つ。
うーん、16時だから日が落ち始める頃かな?と思ってたら
もしや去年より暑い時間帯では…。

この時点で結構今年の夏フェスグッズ「さぁエレカシ」Tシャツちらほら見かけたんだけどなー
男性はともかく、女性のSサイズは前からよく見ないとわかんないよなぁ。
タオルはさらにたくさんいました。
エビバデそれまでどこにいたんだろうってぐらいアウェー感満載だったんだけども。

次のバンドTの人もたくさん前のほうにいましたが
あれだけ空いてりゃ詰めてくるだろうなぁ。
(※彼・彼女らはエレカシのときもちゃんと聴いて盛り上がってましたよ。念のため)

そして「でかいけどOKです笑」等々和やかなサウンドチェックを終え
(スタッフさんたち、でかい音の中で話すから声聞こえるんだよねw)
俺たちのエレカシスタート!

長くなるんで続きからどうぞー。
セットリスト
●俺たちの明日
●悲しみの果て
●i am hungry
●今宵の月のように
●Rainbow
●夢を追う旅人
●ガストロンジャー

「ワイルドバンチフェスようこそーーーー」
とか赤毛の石くん(後述)を指差して
「ワイルドバンチ!」(石くんは頷いた)
とか、
「サンキューワイルドバンチ」
とか
なんかこの響きを気に入ってるようでした。

ちなみに「bunch」とは「仲間、一団、群れ」という意味だそうで
「ワイルドな仲間」みたいなニュアンスかな
ステージの名前もBandits(山賊)とPirates(海賊)だし。

石くん、登場したとき

↑このような状態で、
「い、石くんの髪が!なーーーいΣ!!(°△°;;)」とオタオタしました。
以前一度だけやったオレンジ坊主みたいな感じになったのかと…

そして確かi am hungryで総合司会に帽子奪われて
↓このような赤いお下げが衆目に晒されたわけで…

なんなんだよもうw
赤毛のアンっぽくもあり形的にはひみつのアッコちゃんのモコちゃんみたいな感じでもある。。
何を目指したってんだよ石くん…
確かにPirates(海賊)ステージだけど、まさか赤髪のシャンクスは知らんだろうよ…
(※三つ編みの時点でおかしい)
しかも新潟もそのままだったらしいじゃん…

そして去年はステテコ+スニーカーで
今年はチノハーフパンツ+赤のビーサンだ。
夏フェススタイルの提案みたいな感じになってた(※ビーサンは怪我するでぇ)
みやもっさんは白シャツの前全開にしたら
赤パンチラだし、あの暑い時間帯にステージに赤ばっかり揃えてきて
なんなんだよもう(白目)

総合司会は通常運行で
俺明日のあと自分のギターで最初の音程を確認しようとしてたが
なんか合わなかったようで、
「チューニング合ってない」とつぶやいてギターの交換を要求してました。
ほんとに合ってなかったのか、押さえるとこ違ってたのか
よくわかんなかったけどとりあえず悲しみの果てスタート。

声自体はとても良かった。
i am hungry、ちょっとキーボードが大きめだった気がしますが
やはり音圧の高いハイトーンボイスで
周囲の初見の方々ノリノリでした。

同じハイトーンなRainbowのときは
曲調の違いか唖然と見守る人が多かったのですが
曲が終わると「かっけぇ…」とか「やば…」とか聞こえてきたので
よしよし…とほくそ笑んで心の中でガッツポーズ。

i am hungryでは
「俺たちはいつだって飢えてるハングリー
そして頭にきてるアングリー、そういう歌です!」

今回「そういう歌です」って何回言ったかなぁ。
Rainbowと夢を追う旅人は確実に言ったなぁ。
(Rainbowの前)「孤独で、でもしようがねぇ、なんとかしてぇ、そういう歌です」
(夢を追う旅人の前)「行くか、死ぬしかねえ、だったら行くか!そういう歌です」

アウェーじゃなくても基本的にたどたどしいんですけど
「うまく歌えました」「2曲目です」とか
わざわざ説明してもらって、親切だよね…(って声が聞こえた)
一度だけ「水分補給は大丈夫かい」と心配してもらったり…

そういえば、ひとしきりメンバー紹介した後、
「ワイルドバンチありがとうーー!」

で、曲に入るかと思ったら
中断して水飲みに行って「おればっか水飲んですんません」を挟んだ後

「ワイルドバンチまだまだ続くんでーーー」

とか再開。
いや、水分補給大事だけどね、
話の手順が自由なんですよね総合司会…

あと
「着てたら売れるかと思ったけど売れなかった」
「あ、あのTシャツ作ってもらったんだけど…まぁいいや(と言ってさぁTを男椅子に投げる)」
とかいうツンしかない販促コメントを頂きまして


タオルは買ってましたが、終演後にTシャツも購入。
(このシャツ着てみると柔らかいし涼しいのでなかなか良し。
Tシャツの素材って日々進化してるんだねぇ)

ガストで
「破壊されちまうんだダメなもんは全部」の前に「教えてやるよ」が入ってたけど
メンバーがしっかり対応してて、相変わらず阿吽の呼吸ってすごいなぁと思う。

途中で電気でも通ったのか
ゼンマイ仕掛けのおもちゃが壊れたみたいな動きで

「ワイルドバンチワイルドバンチワイルドバンチワイルドバンチーーーーーー!」

とか連呼しながらサニーさん(@男椅子T)に向かって行ったけど
サニーさん平然と総合司会の要求する音を鍵盤で出すし
みっきー(@白半袖シャツ)も然り。
サポメンズ頼もし過ぎて涙出た。

それまで散々白シャツのボタン吹っ飛ばしながら歌って
(Rainbowで一小節歌うごとに飛ばしてたような気が)
残り一個ぐらいになってガストの早々に
多分本人意識せず最後の一個も外し
途中でハタと全開&赤パンチラなことに気づいてそっと前閉じたり。。(なんだよもう無駄だよ)

そのうちベルト外し始めたから、
これは赤毛の石森以上に衝撃のシーンを目の当たりにするのか?今日は何て日だ!
と身構えたんだけど、単にイヤモニ外したかったらしくて
(ベルトに付けてるのかな)
ベルトするっと抜いたらスタッフさんが受け取りに出てきたんだけど
いまいち息が合わなくて引っ張り合いみたいになっちゃったのね(笑うとこ)

その後、機械自体は回収されたみたいなんだけど、
背中側から垂れてたと思われるイヤーの部分(たぶん。ジャックがキラッと反射してたもんで)が
プランプラン下がったまま暴れてて、凄まじさを物語ってました。
イヤモニ無事かなぁ。

最後白シャツ脱いだら客から「キャー!」って言われてたんだけど
「(・ω・?)」みたいな顔して振り向いて、
グシャグシャにした白シャツで汗拭いて
投げるかと思ったら投げずにそのまま抱えて去ったっていうね。
(周囲の男子から「な、投げんのかーいww」って言われてた)

私としましては完全に脱がないと見えない
宮本さんの形のいい僧帽筋が見れて嬉しかったぁ(°▽°)

石くんの赤毛のアンは三つ編みから短い毛がぴょんぴょん出てて
静電気で逆立ったりしてるのが見えて面白かった。
(あの三つ編み、ちょっとした武器になりそうだったw)
ギターソロも多くて石くん元気だったぁ、赤毛のアンだったけど。

成ちゃんのグラサンを生で初めて拝んだ感覚も忘れるレベルで
赤毛の石くんに気を取られちゃったよなぁ〜
野音どうする気だよ石くんよー

トミはi am hungryの冒頭のジャーーーンで
総合司会からの指示を待ってるときの眼差しがかっこよくて
しかも今回ほとんどミュートで終わる曲ばっかだったなぁ。

多分一番暑い時間帯だったのでは、と思われ
総合司会も、あんまりおかわりしなかったし
(ガストは長めだったけど)
コンパクトだったなぁって印象。

終演後にあちこちから「かっこいい…」とか「心奪われた…」とか
話してるのが聞こえて、
個人的に、それ聞きたくて夏フェス来てるのかもなぁ
と思いました。これはファンであることの役得。

10月のツアーに中国四国・九州地方は含まれてないので
(一番近い大阪2日間は昨日の一般発売で売り切れてましたよね)
気持ちの動きが早い若者達が
次のツアーまで待っててくれるかわからないのですが

あと、せっかくシングル出てるのに
九州地区のプロモーション少ないよなぁってのが残念なとこで
こないだタワレコ大分行っても、夢を追う旅人のシングル盤全く見かけなくて
なんだこれは大分のエビバデ全員オンラインか?とか
入ったら都度売れてなくなってるのか?とか
最大限ポジティブに捉えてるんですが、お、大分だけっすかね??

これは、古典的な方法として
crossとかFM大分とかにリクエストを出すしかない…
しかし暇がない…とうんうん言ってるとこです。

単に近場でライブがないのが不満なわけではなく
(個人的にはツアー3本行くし野音も行くし、地元が無いから行かないという選択肢はない)

もったいないじゃん!いい曲なのに!

と思ってるだけ。

ワイルドバンチに限らず、夏フェスでエレカシ気になった皆さん、
門戸はいつでも開いているから、どうぞどっぷり浸かってください。



こんな夕暮れの美しさや
ただ明日生きるための力を
何とか歌にできないもんかと30年以上やってきた人たちです。

「また会おうぜーーーー!」
って力強く手を振ってくれて投げキッスくれたので
年内は厳しくともまた近々きてくれると思います。

次は野音!
楽しみでっすv

長くなりましたが以上!
| エレカシ | 14:04 | - | - | pookmark |